NPファシリテーターとは  NPファシリテーターは何をするか
NPファシリテーターになるには  NPファシリテーター用テキスト

Nobody's Perfect ファシリテーターになるには

 NPファシリテーターになるには、4日間のファシリテーター・トレーニング(研修/養成講座)に、全日参加することが条件です。
 受講後は参加証が交付され、カナダ保健省公認ファシリテーター認定機関「Nobody’s Perfect Japan」の規約に基づき、登録手続きを経て、ファシリテーターとして認定されます。

 ファシリテーター・トレーニングは、親を対象にするNobody's Perfect プログラムと同様に10人前後のグループで、トレーナー(ファシリテーターを養成する資格で、研修を受けて正式に認定された者)によって行われます。
 

ファシリテーター養成団体(HPをごらんください・五十音順)

 ・NPO法人 こころの子育てインターねっと関西(KKI)
 ・NPO法人 子ども家庭リソースセンター(CFRC)

ファシリテーター・トレーニングを受講するために要求されるもの

 NPファシリテーターとしての資質やこれまでの経験、プログラムを実施していく場や意志があること、などが各団体によって、考慮されています。(詳細については、各ファシリテーター養成団体のHPをご覧いただき、お問い合せください。)

 参考:カナダで必要なものとしてあげられているのは、例えば以下のようなものです。
  • プログラムの知識、あるいは親として参加したことがある。
  • プログラムを実施することへの関心
  • 対象となるグループの親の問題への感性と、調和した関係
  • 自分や他者に対して前向きな態度
  • よいコミュニケーションと対人関係のスキル
  • 参加者のニーズを収集し、プログラムを計画し、進行する能力
  • グループの中で心地よく働ける能力
  • 知識やスキルを親に対して実際にやってみせることができる能力
  • 良い判断
  • 進んで学ぶものであろうとする気持ちと、自分がすべての答をもっていないことを受け入れること
  • ユーモアのセンス

なぜ正式な研修を受けた資格をもったファシリテーターが必要なのか


 NPファシリテーター・トレーニングは包括的でレベルの高い研修です。Nobody’s Perfect プログラムを実施するには、正式な4日間のトレーニングを受講することが必要です。テキストを読んだだけや、略式の研修や短時間のワークショップを受けただけで、「Nobody’s Perfect プログラム」を実施することは、基本的に禁止されています。

 Nobody's Perfect プログラムは、参加・体験型のプログラムであり、自由度の大きいプログラムです。
 有能なNPファシリテーターになるには、共感する能力、すぐれた技術、そして経験が必要です。資格を取ったからといって、すぐ質の高いプログラムが実施できる訳ではありません。
 NPファシリテーター自身も学ぶ者であり、ファシリテーターは何よりも実践の場から多くを学びます。
 そして、NPファシリテーター同士が、お互いの経験から学び、アイディアを交換することは、プログラムの質を保つ上でとても大切です。
 そのため、NPファシリテーター同士が交流を持ち、勉強会や研修を実施し、相互に検討を重ね、質を高めあっています。NPファシリテーターは、資格取得後もそのような勉強会に参加していくことが必要です。

  • Nobody's Perfect  プログラムは柔軟である、ということが大きな特長です。ある決まったプログラムがあるわけではなく、ファシリテーターが参加者の関心事やニーズをくみ取りながらプログラムを計画し、実施にあたっては、臨機応変に展開していくことが必要です。
    ファシリテーターには、周到な準備、十分に練った計画と柔軟性の両方が要求されます

  • さまざまな背景や価値観をもつ参加者がグループの中で自ら学ぶために、ファシリテーターは、参加者の一人ひとりを尊重し、安心して参加できるように気を配りながら、雰囲気作りをすすめていくことが必要です。

  • 意見が対立したり、しゃべってばかりいる人がいたり、参加しにくい人がいたり、価値観が偏ったり、グループが気まずくなったり、難しい場面に陥いることがあります。また、参加者の感情の深い部分をほりおこすこともあります
    そのような状況が発生した時に、ファシリテーターは解決しようとしたり、批判したりせずに受け入れ、参加者の共通基盤を見つけることが大切です。グループ全体が自分たちの状況を受け入れて、グループとして前進していくことをめざしていけるように、グループが誰にとっても安心な場所となり、グループ全体で問題にとりくめるように努力することが大切です。

  • 「ファシリテーション」と「教える」ことには根本的な違いがあります。
    ファシリテーターは、効果的な成人学習の考え方、参加者中心アプローチを理解し、柱となる活動や基本的な手法を用いて、参加者が学習目標を達成していくことをサポートしていきます

  • 子育ては価値観に左右される部分が大きいため、NPファシリテーターは価値観をしばしば扱いますが、NPプログラムは参加者の価値観を変えるプログラムでも、あるひとつの正しい方法を教えるものでもありません。どんなグループにおいても、参加者の価値観と多様性を認めることが大切です。あくまでも中立を保ち、参加者一人ひとりの考え方や価値観が尊重される共通の基盤を見つけられるよう努めるのがファシリテーターの役割です。

    ファシリテーターは自分の価値観を押しつけようとしたり、他人の価値観を見下したりすることのないように、まず自分自身の価値観について明確に認識する必要があります。とりあげるトピックについて自分はどんな価値観をもっているかを自ら問いかけ、ファシリテーター自身の価値観を表明することが適切かどうか、自分の経験をどう用いるか、常に慎重に考える必要があります。
 
Nobody's Perfect Japan  np-japan@nifty.com