NPファシリテーターとは  NPファシリテーターは何をするか
NPファシリテーターになるには  NPファシリテーター用テキスト

Nobody's Perfect ファシリテーターは何をするか

 ファシリテーターのもっとも基本的な仕事は、「準備/計画」、「ファシリテーション」の2つです。
 参加者が学習目標を達成するために、ファシリテーターはアクティビティを活用します。アクティビティにはいくつかの基本的手法があります。

準備/計画

 「準備/計画」とは、参加する親にとってもっとも有益なプログラムになるように内容を調整し、参加者のニーズをみたすセッションを計画することです。

プログラムの
準備
  1. 参加者を勧誘する(主催団体とプログラムの内容、参加者の募集方法などについて協議し、参加者を募り、グループへの参加者を決定する。参加する見込みのある人に連絡をとって参加を促したり、学びたいことや関心事を確認する。)
    (※注 カナダでは、プログラムの対象になる参加できそうな人を探し、プログラムに興味をもたせ、参加を促すという勧誘のプロセスからファシリテーターの仕事が始まり、勧誘もプログラムの一部です。また、プログラムを本当に必要としている人に届けるという意味から、参加がのぞまれる家庭に対しては連絡をとり家庭を訪問するアウトリーチも行われます。
     日本では、募集方法、参加者の勧誘・連絡などは、主催する機関によって、さまざまな状況にあわせて行われています。)
  2. セッションに必要な手配をする(会場・保育・軽食など)
プログラムの
策定
  • グループ参加者の関心事やニーズを明確にする
  • グループとしての発達を考慮しながらプログラムを策定する
  • プログラムのアウトライン(概要)をつくる
  • プログラムをモニタリング評価する方法を決定する
セッションの
計画
  1. セッションで達成したいことを決定する(参加者に何を学んでほしいかという目標を設定する。)
    • 何かを学ぶ=知識面の目標
    • 何かをする=スキル面の目標
    • あることについての自分の考え方や感じ方を吟味する=態度面の目標
  2. 目標を達成するための計画を立てる
    • セッション計画には、トピックとアクティビティが含まれます。
      (目標を達成するためのアクティビティは体験学習サイクルに基づいて行います。)
    • 各セッションは、導入部(オープニング)、主部、結びから構成されています。

ファシリテーション

 ファシリテーションとは、ファシリテーターの技術と経験を活かしながら、参加者が自分が受け入れられていると感じ、プログラムに積極的に参加し、たがいの結びつきを強め、子育ての知識、自信、スキルを身につけるころができるようにすることです。
 
 ファシリテーターがセッションを行う際、柱となる7つの活動(成人教育の効果的なアプローチ)があります。
柱となる7つの活動
  • 積極的にきく
  • 効果的に話す
  • 雰囲気づくり
  • 親の参加を促す
  • 価値観を探る
  • 柔軟になる
  • むずかしい場面のファシリテーション

学習アクティビティのための基本的手法

 アクティビティが効果的に行われると、参加者は積極的に参加し、すでに持っているスキルを認識して活用しながら、新しいスキルを身につけることができます。
 基本的手法を用いれば、ほとんどの学習アクティビティを形成することができます。
 ひとつのセッションやトピックについて、一つ、あるいは二つ以上の手法、また子育てテキストを活用して、組み合わせて使うことができます。

基本的手法
  • 一人一言
  • ブレーンストーミング
  • ゲーム
  • 質問
  • ディスカッション
  • ロールプレイ
  • 問題解決アプローチ
  • プレゼンテーション
Nobody's Perfect Japan  np-japan@nifty.com