『Nobody’s Perfect Japan』 2号 2005/1/1 発行

日本の子育て支援の質を飛躍的にアップさせたい!

『Nobody’s Perfect Japan』代表 原田 正文
 

Nobody's Perfect Japan とは?

 Nobody's Perfect Japan(通称:NP-Japan または NPJ)は、カナダ生まれの親支援プログラム“Nobody's Perfect”(以下、NPと省略)を進行するファシリテーターの資格認定機構であり、日本でのNP展開のためのセンターとしての役割を担う組織でもあります。NP-Japanはカナダ政府保健省により、2004年2月に公式に認定機関として認められました。
 ご存じの方もあるかと思いますが、NPの親向けテキストは、ほとんど同時に2社から出版されました。そのため、ややもするとNPには2つの流派があるように見えて、誤解されたり、現場での混乱も少しありました。そのようなことではいけないと、昨年度1年間かけて、関係者どうしで協議を重ね、2005年度より本誌12ページに掲載した3つの「NPファシリテーター養成団体」が対等の立場でNP-Japanをともに運営し、協力しあいながらNPを全国に展開することになりました。本誌『Nobody's Perfect Japan』創刊第2号は、そのことを記念する号です。
 このようにNP-Japanが統一組織になったことは、私たちNP-Japanの関係者の大きな喜びであるばかりではなく、子育て支援にかかわる多くのみなさまからも喜びの声と祝福の言葉をいただいています。みなさまのご期待に応えられるように、今後とも努力と研鑽を積みたいと考えています。

「NPプログラム規定」と「N Pファシリテーター養成講座規定」

 統一の具体的内容は、NP-Japan規約としてまとめられています。中でも重要なポイントは、「NPプログラム規定」と「NPフアシリテーター養成講座規定」です。これらの規定は本誌12ページに掲載していますが、カナダの規定に準拠したものです。
 NPに対する関心は日増しに高まっています。しかし、NPの社会的評価が定まった訳ではありません。「NPプログラム規定」を作成し、きちんとしたNPを展開することをNP-Japanとして決めた理由は、中途半端なプログラムが広まり、結果として「NPって、つまらないプログラムだ」という風評が広まるのを避けるためです。最後に述べますように、今、日本の子育て支援は重大な局面に立っています。ここでNPが頓挫することは、日本の親支援を5年10年と遅らせてしまう危険性を秘めています。そのような事態はなんとしても避けなければ、ということで「NPプログラム規定」を作成しました。

良質のN Pを展開したい!

 もうひとつ重要な規定は「NPファシリテータ一養成講座規定」です。
「カナダのプログラムをなぜ日本でそのまま使うのか」「エッセンスだけもらって、我が県独自のプログラムを開発してもらえないか」という質問や依頼をよく受けます。
 確かにNPはカナダ政府保健省が音頭を取り、開発し練り上げられたカナダ発のプログラムですか,カナダの親に限定したプログラムではありません。「エッセンスだけを踏襲して……」というのは、一見できそうですが、もしそれをするならば、エッセンスぬき、形だけの「NPもどき」になると思います。それは絶対に避けなければいけない。

なぜファシリテーターに資格が必要なのか

 NPは半構造化されたプログラムで、1回のセッションには「導入部」「主部」「結び」という構造があります。「主部」は参加した親のニーズにもとづきフアシリテーターが計画し、親の意向をフイードバックしながら柔軟に進めます。日本で実施する場合は、当然日本の親のニーズにもとづいて計画・実施されますので、まさに日本の親のためのプログラムになるのです。
 このようにNPは自由度の高いプログラムですので、フアシリテーターの力量によってプログラムが左右されます。そのため、NPを進行するファシリチーターは資格を取得し、その後も常に研鑽を積む必要があるのです。NP-Japanでは、NPファシリテーターの質を確保するため、「NPファシリテーター養成講座規定」を定めました。
 実際にNPを実施して、心理的な側面での悩みが多い日本の親にこそピッタリのプログラムだということを実感しています。
 次世代育成支援対策法にもとづく行動計画が今年度より実施されていますが、日本の子育て支援は今、手詰まり状態です。一応考えられる支援策は実施してきたものの目立って効果が上がっていません。その原因は“親と親をつなぎ親を育てる”という本質的取り組みになっていないためです。
 そのような手詰まり状態を打開する切り札が、NPだと私は考えています。母親たちが子育て仲間を求めるニーズはきわめて高いものです。しかし、長い学齢期をいじめと競争の中で過ごしてきた今の母親たちは、安心して話し合い支え合う関係をなかなか築くことができません。それを実現させるのがNPです。みなさんもぜひ私たちの輪にご参加ください。

(NPO法人こころの子育てインターねっと関西代表、大阪人間科学大学、精神科医)
 np-japan@nifty.com