『Nobody’s Perfect Japan』 2号 2005/1/1 発行

Nobody's Perfectに思うこと

『Nobody’s Perfect Japan』副代表 伊志嶺 美津子
 

人権に根ざした予防型のプログラム

  Nobody's Perfect プログラムがカナダの東海岸で開発され、1987年に5冊のテキストが発行されてから18年程が経過したのでしょうか。テキストの内容には、1997年に時代の変化にあわせていくつかの項目が追加されましたが、初めからの項目にはほとんど手が加えられず、当初考えられたものが今でも十分通用するだけの価値を持っていることに驚きすら覚えます。
 指導型ではなくピアサポートによるファシリテーションという手法は、リーダーズガイドやフアシリテーターガイドに示されて少しずつ改定されて来てはいますが、親たちへの信頼、価値観の尊重など、多文化社会を背景とした確たる人権意識に基づいたその精神は変わることなく、当初から存在していたということからもカナダの先進性と懐の深さを感じさせられます。このプログラムとテキストが、乳幼児を育てる数多くの親たちにどれほどの励ましと自信を与え、国全体の健全さを保つ予防策となったことでしょうか。これが国の事業でありメッセージであることにうらやましさを覚えます。

誰にも分かりやすいテキスト

 プログラムが子育てに困難を抱える親を対象としているだけに、テキストは誰にも分かりやすい簡潔な文章と構成になっていて、イラストを見ただけで書いてあることが理解できるような配慮がされているのです。内容を5冊に分け、テーマごとに色彩を実にうまく使っています。あわただしい育児の中で、たとえば『からだ』に黄色、『こころ』にみどりの表紙とそれぞれ異なった色を使い、目次とページの色を合わせて緊急時でもすぐに開ける工夫をし、一つの項目が1ページか見開き2ページで完結するように編集されています。
 育児の基本として必要なからだと心の健康を中心に扱っていますが、保健省が中心になって開発しているので内容にも信頼がおけますし、親に伝えたいことをしっかり網羅しています。実のところ『安全』が最も厚く力が入っているように思われるのですが、カナダの広大な環境の中のあらゆる生活場面での安全について、子どもにもわかるイラストを多用して、親子で学び、話し合えるような作りになっています。
 イラストには多くの人種、父親、障がいをもった大人や子どもも描かれていて、全体に生活観があり、母親だけの育児ではないというメッセージが自然に伝わります。「母親」という言葉は、父親と対のときにのみ登場します。よく見ると、子どもや大人の顔も表情も豊かに描かれています。

父親の育児象加

 このプログラムには父親も参加しますが、ブリティッシュコロンビアの父親たちは、自分たちのテキストを欲しがりました。その結果95年に父親たちの手によって作られたのが、NPテキストに連動した『父親』編でした。父親自身が親としての居場所を求めたのでしょう。父親である前に、個人として家庭人としてのセルフマネージメント、子どもやパートナーに向き合う人としての処し方などが盛り込まれているように思います。カナダでは父親たちの全国ネットワークが活躍して、父親向けにたくさんのメッセージを発信していますし、育児休業をとった父親と子どもがドロップイン(ひろば)を訪れたり、主体的な父親グループの活動も活発になっています。父として子どもにかかわることがいかに価値があり、楽しいことかを伝え、アピールすることに主眼が置かれているように思います。
 日本ではこの『父親』日本語版を、夫に読んでもらいたいと思う母親が多いのですが、残念ながらこれを自ら読んでパートナーと話し合ってみようという父親は稀有な存在のようです。日本の育児派父親はごく少数で肩身は狭く、職場でも地域でも市民権を得にくい状況にありますが、父親の育児参加に対する社会や人びとの意識の中にも強固なバリアがありそうです。この少子社会と子育て困難の問題は、父親たちの主体的育児参加によってかなり軽減するのではないかとひそかに期待している昨今です。
 通常のひろばに集まる親、またNPプログラムに参加してくる親のほとんどは母親であり、育児の担い手が如何に偏在しているかが分かります。プログラムで取り上げたいテーマにも「父親の育児」や「パートナーとの関係」が挙がり、その内容には深刻な例が多いことからも、父親が育児にかかわれるシステムを構築していくことは、今日本が真摯に考え、改善していくべき社会的課題なのではないかと思うのですが。
 ともあれ、NPプログラムに参加した方たちが親としてエンパワーされることは間違いないように思います。子育て中の多くの方がたが、参加の機会を得られることを願ってやみません。

(関東学院大学、子育て研究リリースセッター代表)
 np-japan@nifty.com