『Nobody’s Perfect Japan』 2号 2005/1/1 発行

なぜ今、Nobody's Perfect なのか

『Nobody’s Perfect Japan』副代表 三沢 直子
 

はじめに

 2002年9月に、カナダからバーバラ・オロークさんをお招きして、日本で第一号のNobody's Perfect プログラム(以下、NPと略)ファシリテーター研修を行ってから早3年が経ちました。私たちコミュニテイ・カウンセリング・センターだけでも、マスタートレーナーが2名、トレーナーが5名、ファシリテ一夕ーが92名となり、やっと国内での自立的な活動ができるようになっています。さらに、2003年からは「こころの子育てインターねっと関西」とNPプログラム普及のための協力体制ができ、今春からは「子育て研究リソースセンター」とも合流して、やっとNP-Japanと いう全国統一組繊としてこのNPを広げていく基盤ができました。現在は、この3つの機関が中心となってファシリテーター養成を行っていますが カナダのように次第に全国へと支部が広がっていくことを願っています。
 ここでは、なぜ今NPなのかについて、その必要性を述べさせていただきます。
 

NPが必要となった時代的背景

 私自身が親になったときに、家事・育児の能力があまりにないことに愕然として、母に「なぜ、今まで親になるための教育や訓練をしてくれなかったのか」と聞いたことがありました。母の答えは、「親なんて、誰でも自然にやれるものと思っていた」ということでした。たぶん、今でもそう思っている親が多いのかもしれません。
 確かに1950年代までの日本のように、きょうだいも多く、近隣や親類縁者とのつき合いが濃密にあった時代は、年長児が日常的に幼い子どもの面倒をみて、それが親になるための準備トレーニングになっていたかもしれません。また、親になって子育てに悩んだ場合も、身近で助言をしてくれる先輩たちがたくさんいました。毎日必要な助言をもらえれば、新米の親であっても次第にベテランの親として育つことができます。そういう時代は、確かにわざわざ親になるための教育・訓練は必要がなかったのではないでしょうか。
 しかし、高度経済成長が軌道に乗った1960年以降の日本は多くの人びとが都市に集中し、核家族・夫婦分業となって、母子カプセル状態での育児が一般化しました。そうした中では、もう少し意識的に親になるための教育・訓練を、地域や社会全体で考える必要があったのではないかと思います。

“カウンセリング”以前に“親教育”を

 私自身、狐立した育児の中でのたいへんさを体験してから、子育て支援活動の必要性を痛感し、母親相談や母親講座などのさまざまな子育て支援活動を行ってきました。現在は、区役所の中にある「子ども家庭支援センター」で、虐待をはじめとする育児困難の問題に取り組んでいますが、残念ながら子育て状況は悪化するばかりです。特に専業主婦の母親に身の回りの世話をしてもらって、勉強や仕事だけをしてきた、いわば「王子様、王女様」育ちの人びとが親になった頃から、それまでの“家事・育児の常識”が欠落した人びとが目立つようにな ってきました。
 また、まったく悪気がなく、知らずにネグレクトや心理的虐待と言えるような関わり方をしている親も増えています。しかし、それは彼らの責任と言うより、親世代の人びとや地域・社会の問題であったと言えるかもしれません。中学生までに日常的に乳幼児に触れた経験のある人は、親になったときに親役割に適応しやすいが、そうでない人は不適応を起こしやすい、との研究結果もあります。
 合計特殊出生率が1.29にまで低下した日本の家庭では、もはやそのような教育力を持っていない家庭が増えているので、乳幼児に触れる体験や親教育は地域や社会が提供すべき課題となっているのです。

なぜNPなのか

 しかし親教育プログラムと言っても、親に「こうすべき」式の教育をしたからといって、効果があるとは思えません。むしろ、昔の井戸端会議のように、互いに子育ての知恵を出し合えるような仲間作りを支援するプログラムが必要だと思います。その点、NPプログラムは、「子どもの健康や安全、しつけなどについて学び、子育てのスキルを高め、新たなスキルを習得する」だけでなく「他の親と知り合ったり、くつろいだり、楽しんだりする中で、他の親とのつながりを深め、おたがいに力になり、サポートしあえる関係をつくる」という目的も含んでいます。実際、最後のアンケートでは「子育て仲間を得られたことが最も大きな収穫」という感想が多く見られます。
 NPの対象である「若年・一人親・狐立・経済的困難」のうち、日本の親はほとんどが狐立した状況にあるのですから、そういう意味でもぜひこのプログラムが日本全国に広がっていくことを願っています。

(明治大学、コミュニテイ・カウンセリング・センター代表)
 np-japan@nifty.com