『Nobody’s Perfect Japan』 2号 2005/1/1 発行

Nobody's Perfect Japan 新体制発足にあたって

『Nobody’s Perfect Japan』事務局長 山野 則子
 

NPJの役割

 カナダ生まれの親支援プログラム Nobody's Perfect プログラムが日本に紹介されて、すでに数年経っています。もともとカナダの子育て支援について、さまざまな立場の方からその素晴らしさが紹介されていました。
 しかし、今回のNPJという統一組織として、規約を定めて、一定のスタイルを統一するという取り組みは、個々にこのプログラムを実行していくこととわけが違います。私たちが本気で全国展開して行こうという意思の表れでもあります。
 仕事量が増える困難を覚悟しながら、NPJ発足に至ったのは、このプログラムが今の日本の親に必要なプログラムと考え、きちんとこのプログラムを広めていきたいと考えたからです。基本ラインを明確にして、可能な限りぶれないように広めていくには、統一組織が必要です。
 NPJは、3つのファシリテーター養成機関から成り立っています。そして、各養成機関が養成したファシリテーターをファシリテーターとして認定するか否かを決定する、認定機関です。
 この作業を行うためには、養成機関が違っても統一した認定要件が必要であり、一定の質の確保がなされます。すでに、認定作業は始まっており、認定委員会が開かれています。養成した機関であいまいに認定するのでなく、きちんとしたシステムとして機能していくことが始まったわけです。
 

養成機関の役割

  しかし、NPJはあくまでも認定機関にすぎません。実際にファシリテーターを養成して、育成していくのは養成機関の重要な役割です。
 参考に、「NPO法人こころの子育てインターねっと関西(KKI)」において、トレーナーが誕生してから、この1年行ってきたファシリテーター養成についてご紹介します。大きく3点あります。
 1つは、養成したファシリテーターの勉強会を月1回実施してきました。これは、養成講座で、十分学びきれなかった課題を扱う時間と実際にNPを実施するにあたっての相談会、そして実施された方の報告検討会、という3部門で構成してきました。ファシリテーターの方は非常に熱心に参加され、毎回時間が足りない状況でした。
 2つめは、NPプログラムの実施に当たってのサポートです。担当サポーターを決めて、個別にぷつかった問題や悩んだ問題に一緒に考える役割をサポーターとしてトレーナーが行います。
 3つめに、実際のNPプログラムをトレーナーと組んで実施することも行ってきました。もちろん、これ以外にも随時、事務局への相談に対する対応は欠かせません。
 私たちトレーナーもこのように試行錯誤で実行する中、たくさんの学びがありました。さまざまな状況下で実施されているファシリテーターの方の報告や悩みをともにすることは、トレーナーの巾が広がりました。また、ファシリテーターの方に適切に理解してもらうにはどのように伝えればいいか考えざるを得ません。同じく、行政主催、NPO主催、民間主催など、さまざまな主催側にNPを理解してもらうには、どのように伝えればいいかもファシリテーターとともに学びました。今後も、時代は動いていき、NPプログラムの参加者のニーズも変わるわけですから、この勉強会はトレーナーにとっても欠かせないものでしょう。こういったサポートの末、実際にNPプログラムを実施し、ファシリテーター認定の申請をするという流れです。このような養成機関の機能の上に、NPJは成り立っています。

今後、日本のあるべき方向

 7月にみなさんの協力を得て、関西で「NPJ旗揚げフォーラム」を実施しましたが、その場でもさまざまな親支援プログラムの紹介をしてきました。関東のみなさんは、「関西はたくさんのプログラムがあるのだ」と感想を述べてくださった方もいらっしゃいましたが、まだまだ知られていませんし、各行政で実施するなんてことになれば、たちまち対応しきれなくなるのが実態でしょう。
 福祉の課題でいいますと、措置制度から利用選択制度へと移行がなされ始めて数年が経ちました。政府は、リレー方式に児童福祉法改正を行うと言った1997年以降、本当に毎年のように法改正を実施して整理していこうとしています。子育て支援事業も法律に位置づけました。1994年エンゼルプラン以降、少子化対策も名称を変えながら行われています。さまざまなメニューを導入しようとしていることは伺えますが、まだまだ選べるという状況ではありません。カナダは親支援プログラムも複数あって選べるといいます。
 本来、利用選択というからには、すべてにおいて、メニューが選べるほどなければなりません。今の状況では、どのプログラムでも一番因っている虐待への対応にならないか、という方向に走りがちです。各プログラムの目的や用途に応じて行政など利用する側も使い分けることができること、各プログラム実行者の方もプログラムを1つ1つ確立し、選べる状況を作っていくことが大きな課題ではないかと思います。
 今回のNPJの統一は、プログラム確立に大きな意味を持つものと思っています。

(梅花女子大学、「NPO法人こころの子育てインターねっと関西」副代表)

 np-japan@nifty.com