概要 あゆみ 子育てテキスト 基本的な考え方 実施にあたって 
キー・コンセプト プログラムとセッションの構成

Nobody's Perfect プログラム 実施にあたって

「安全・安心」「エンパワーメント」「参加」

 参加者中心のグループ作りを導くものが、「安全・安心」「エンパワーメント」「参加」の3つであり、Nobody's Perfect プログラムの実施にあたっての原則となるものです。ファシリテーターは、常にこの3つを意識して大切にしながら、プログラムを実施していく必要があります。
 
Nobody's Perfect プログラム 実施にあたっての原則
安全・安心
(Safety)
・グループのルール作り
・批判をしない
・秘密を守る
 …など
エンパワーメント
(Empowerment)
・参加者の特長に基づく
・選択肢を与える
・ひとりひとりの経験と知識を尊重する
・共通点に基づく
・他人は他人、自分は自分の精神/違いを尊重する
 …など
参 加
(Perticipation)

・さまざまなアクティビティを活用する
・参加のしかたは人それぞれ
・グループメンバーとともに日程を立てる
・グループ全体で問題の解決にあたる
 …など
 

.柔軟である (flexible)

 Nobody's Perfect プログラムは、柔軟であるようにデザインされており、参加者やプログラムの主催者の必要に合うように調整できます。
 プログラムは、通常、1回およそ2時間のセッションを週1回、6〜8週間にわたって行いますが、期間を延長したり、各セッションの時間を長くすることも可能です。グループではなく、1対1の個人セッションとして行うこともできます。
 
 また、主催する機関がプログラムの内容に応じて参加者を指定できる柔軟性をもっています。
 たとえば、ティーンエイジャーの若い親を対象に設定したり、母子家庭や父子家庭に対象を絞ったり、ある同じような特性をもつ層を対象にすることもできます。
 
 参加者がグループに参加して効果的に学ぶために、ファシリテーターは、とりあげる話題=トピックや学習活動=アクティビティを準備・計画しますが、実施にあたって、ファシリテーターは、参加者の様子をみたり、意見をきいたりしながら、計画を変更したり、方向性を変えたり、即興で展開したり、柔軟にすすめていくことが必要です。
 
 Nobody’s Perfectは、参加者の関心やニーズにこたえるものですから、プログラムも柔軟性を保つことが必要であり、実施するファシリテーターにも柔軟性が求められます。
  
Nobody's Perfect Japan  np-japan@nifty.com