概要 あゆみ 子育てテキスト 基本的な考え方 実施にあたって
キー・コンセプト プログラムとセッションの構成

Nobody's Perfect プログラムのキー・コンセプト

 Nobody's Perfect プログラムは参加者の価値観を変えるためのプログラムでも、どうすべきかを教えるプログラムでもありません。
 Nobody's Perfect プログラムには、「価値観の尊重」「体験学習」という2つのキー・コンセプトがあります。
 

1.価値観の尊重(Respecting values)

 価値観とは、一人ひとりの人間の心情ともっとも近い関係にある信念や考え方のことです。個々人の価値観には、その人の人生経験やその人にとって大切な人の影響が強く反映されています。長い年月をかけて形成されるもので、急には変化しません。
 一人ひとりの価値観はその人独自のものです。どんな集団やグループの中にも幅広い価値観が存在します。

 私たちはあらゆる事物を価値観を通して見ており、行動も価値観によって左右されます。何かを判断するときにも、価値観が基準になります。
 しかし、普段、多くの人は自分の一部になっている価値観を意識することはほとんどありません。他人や物事に反対したときに、はじめて自分の価値観に気がつく、ということがよくあります。
 
 Nobody’s Perfect プログラムの特長のひとつは、参加者が自分自身の価値観と向き合い、子育てをはじめ生活のさまざまな局面にそれがどのように影響しているのかを知る機会を提供することにあります。
 価値観についての話し合いのポイントは、参加者が自分の価値観に気づくように手助けすることにあり、ある特定の価値観に変えさせることではありません。
 価値観について意識的に考えることで視野を広げ、価値観について問い直したり、価値観を拡大したり、肯定したりする機会を提供します。
 「自分自身の価値観を理解した上で他人の価値観を尊重する」こと、これが、Nobody’s Perfectのキーコンセプトです。

 Nobody’s Perfect プログラムのセッションでは、毎回のように価値観の問題が出てきます。子育てはそれをする人の価値観と切っても切れない関係にあるからです。
 例えば、子どもの行動へどう対応するか、子育ての方針やしつけの仕方、夫や祖父母との意見の違いなど、いろんなテーマや悩みに価値観が関わっています。親の態度や言葉には、信念や価値観が隠されています。

 価値観という概念は非常に抽象的なものなので、生活に密着した形で価値観を具体的にとらえることが大切です。価値観について話すことを通して、参加者は自分の信念と親としての行動を関連づけることができます。
 価値観を探っていくことによって、自分の中の葛藤を自覚したり、有益な洞察が導かれることもあります。
 価値観や価値観が子育てに及ぼす影響について、参加者が意識を高めるためのアクティビティを用いることもできます。

 また、ファシリテーターが、自分の価値観がどんなものかを知ることはきわめて重要です。自分の価値観は、唯一の価値観でも絶対の価値観でもなく、自分の価値観にすぎないことを肝に銘じる必要があります。ファシリテーターは、自分の価値観を押しつけたり、人の価値観を見下したりすることのないように、まず自分自身の価値観について明確に認識する必要があります。

 ファシリテーターの役割はどんなグループにあっても、参加者の価値観とその多様性を認め、あくまでも中立を保ち、参加者一人ひとりの考え方や価値観が尊重される共通の基盤を見つけるよう努めながら、参加者に自分の価値観を探求する機会を提供することにあります。大切なのは、日常生活のなかで、一人ひとりの親が行う選択に、価値観がどう影響しているかを見きわめることにあります。
 

2.体験学習(Experiential learning)

 Nobody's Perfect プログラムは体験学習という考え方に基づいています。
 すべての人は、体験から学びます。

 Nobody's Perfect プログラムは、参加者に何をすべきか、どうすべきかを教えるプログラムではないのです。このプログラムは、参加者が体験を通して情報や洞察力を手に入れ、学んだことを生活のさまざまな場面で応用できるような、体験を提供します。
 
 体験学習のプロセスは、以下のような問い(とこたえること)を通じて、自分の体験を認識し、吟味することを必要とします。
 
何が起きたのか? What? =体験を認識する NOTICING
それはどういうことか? So What? =体験の意味と自分自身とを関連づける RELATING
これからどうするのか? Now what? =体験から学んだことを応用する APPLYING


 体験学習は、Nobody's Perfectのキーコンセプトです。
 体験学習という方法を使うことによって、私たちは自分の体験に対する意識を高め、自分がしていることへの信頼を増したり、新たな洞察力を得てこれまでとは違う対処のしかたができるようになったりするようなやりかたで体験を理解することができるようになります。
 Nobody's Perfect プログラムに参加すること自体が一つの体験であり、参加者は毎回のセッションで、学んだことに気づき、考え、それを応用する機会が与えられています。

体験学習サイクル

  体験学習は循環的なプロセスです。
 ・毎日は体験で満たされている。
 ・すべての体験は新たな学びの機会となる。
 ・学んだことの一つひとつが新しい体験へとつながる。
 
 体験学習のアプローチを、ある特定の体験に応用するのも循環的なプロセスであり、これを体験学習サイクルと呼びます。


 
 
 参加者は、アクティビティ(学習活動)に参加して、次のような機会が与えられます。
 ・何かを学ぶ=「知識面の目標」
 ・何かをする=「スキル面の目標」
 ・あることについて自分の考えや感じ方を吟味する=「態度面の目標」

 これらの目標を達成するためのアクティビティは、「体験学習サイクル」に基づいて行われます。

目標のタイプにかかわらず、アクティビティには次の要素が必要です。
 ・「体験」
 ・参加者が体験の内容を「認識する」機会
 ・参加者がその体験の意味を考え、自分自身と「関連づける」機会
 ・理解したことを、子育てや日常生活に「応用する」方法を考え出す機会
 
 ファシリテーターの仕事は、参加者をさまざまなアクティビティ(学習活動)に参加させ、参加者がそこで学んだことに気づき、考え、それを応用することができるように助けることにあります。
 
 ファシリテーターはアクティビティを計画することはできても、参加者がそれによってどんな体験をするかを計画したり、予測することはできないことを肝に銘じておく必要があります。一人ひとりの参加者には、その人の性格や人生経験に基づいてつくられた独自の基盤があります。参加者はそれぞれ、自分なりの必要性に応じて体験を理解したり応用したりします。

  
Nobody's Perfect Japan  np-japan@nifty.com