概要 あゆみ 子育てテキスト 基本的な考え方 実施にあたって 
キー・コンセプト プログラムとセッションの構成

プログラムとセッションの構成

 Nobody's Perfect プログラムは、通常、毎週1回、2時間で、6回〜10回のセッションで行われます。
 各回のセッションは、必ず、オープニング・主部・結びの3つの部分から構成されます。
 また、6回〜10回のプログラム全体も、オープニング・主部・結びの3つの部分から構成されています。

セッションの構成

 オープニング

 セッションのオープニングでは、日常生活とノーバディーズパーフェクトのセッションとの気持ちをきりかえて、セッションの雰囲気を整え、参加者がお互いにもっと知り合い、その場の雰囲気になじむことをめざします。
 前回のセッションの復習をしたり、1週間の体験をふりかえって皆の前で話をしたり、楽しくて活気のある、できればその日のトピックへとつながるようなウォーミングアップ・アクティビティを行います。

 主部

 ほとんどのセッションでは、主部にもっとも多くの時間を費やします。ここで、トピックを展開し、ディスカッションをし、スキルを練習し、アクティビティが行われます。

 結び

 結びでは、ノーバディーズパーフェクトのセッションで学んだことを家庭生活で活かしていけるように、セッションでとりあげた要点をまとめ、参加者にどんなことを家で試したいかをききます。
 また、ファシリテーターは、その日のセッションの感想を参加者からきいて(モニタリング)、参加者が学んでいること、気に入ったことと気に入らなかったこと、プログラムのアウトラインの変更や、調整すべきことを確認します。
 次回のセッションについての希望や意見をきくこともできます。
 結びがうまくいくと、セッションから家庭生活への気持ちのきりかえがスムーズにいき、参加者は次回のセッションを楽しみにします。
 
 アクティビティが体験学習サイクルに基づいて行われるように、セッション全体にも、このサイクルをあてはめることができます。
 結びでは、セッション自体を体験として、参加者がセッションで何が起こったかを認識し、体験についてよく考え、それが自分にとってどんな意味をもつかを理解し、自分が体験について認識し、理解したことをどのように応用するかについて考える機会を、参加者に与えます。

・その日のセッションでどんなことをやったか、どんな体験をしたか(認識)
・セッションを通して感じたこと、学んだことについてよく考えてみる、自分にとってどんな意味があるか(関連づけ)
・それが日々の生活や子育てにどのように活かせるかを考察する(応用)

セッション オープニング ・あいさつと受け入れ
・ウォーミングアップ
・チェックイン
・その日のトピックへのきっかけづくり
主部 ・トピックを導入するためのアクティビティや体験
・トピックに取り組む
結び ・まとめ
・振り返り
・モニタリング
・次回セッションについて
・サポートネットワークづくり
 

プログラムの構成

 ノーバディーズ パーフェクト プログラム全体も、3つの部分から構成されます。
 
プログラム 初回 プログラム全体のオープニング
2回目〜 主部
最終回 プログラム全体の結び
 
 初回と最終回のセッションは、他の回と力点の違うものになり、時間配分も異なります。
 

初回のセッション

 初回では、セッション全体がプログラムのオープニングにあたります。オープニングの時間を多く費やし、主部は短く、結びで終わります。
 
初回の
セッション
・受け入れとファシリテーターの紹介
・おたがいに知り合う:アイスブレーキング
・チェックイン〜プログラムへの期待
・ルールづくり
・Nobody's Perfectの紹介
・次回のセッションについて
・結び

最終回のセッション

 最終回は、セッション全体がプログラムの結びになります。オープニングに始まって、セッションの大部分が結びに費やされます。
 
最終回の
セッション
・受け入れ
・ウォーミングアップ
・チェックイン
・結びへの準備
・これまでのセッションの体験を要約したり、まとめたりする
・評価
・サポートネットワークづくり
・おたがいを認め合う
・さまざまな感情を認める
・参加証をわたす
・パーティ
Nobody's Perfect Japan  np-japan@nifty.com