資料室
◇今緊急に求められる親育てプログラムの実践…原田正文 2003/11
   【T】ほんの20年の間に、子育て現場はこんなにも大きく変化している!
   【U】今なぜ、親育てプログラムが必要なのか?
   (T&U 印刷用PDF)
◇今緊急に求められる親育てプログラムの実践
大阪人間科学大学社会福祉学科(精神科医)
こころの子育てインターねっと関西 事務局長 /NP-Japan代表
原田正文

【T】ほんの20年の間に、子育て現場はこんなにも大きく変化している!

─ 子育て支援ボランティア活動と子育て実態調査から ─ 
 
■目次 ・はじめに
1.ますます増える乳幼児をまったく知らないまま親になる親たち
2.進行する子育て家庭の孤立化
3.子育てにおける母親の心の動き
・まとめ

・はじめに

 かつて私は、現在「大阪レポート」1,2)と呼ばれている1980年生まれの子ども達を対象とした大規模な子育て実態調査の集計・分析を担当しました。この種の調査は多いが、科学的検討に耐えるデータは意外にないようで、平成15年度の「厚生労働白書」にも育児不安の項では「大阪レポート」のデータが使用されています。
 今回私たちは、厚生労働科学研究として、「大阪レポート」に匹敵する調査を実施することができました。この調査をここでは「兵庫レポート」と呼ぶことにします。
 
 私は1995年に、親と専門職でつくる子育て支援のボランティア団体『こころの子育てインターねっと関西』を仕事仲間や地域でグループ子育てを実践している母親たちと一緒に立ち上げました。私はあまり意識していませんでしたが、「エンゼルプラン」が始まった年は、ちょうど『こころの子育てインターねっと関西』が生まれた年にあたります。そのため、私は国の子育て支援策の動向を子育て現場から、母親の視線を通して、ずっと見続けてきました。3)
 
 ここではまず、2003年の「兵庫レポート」と1980年の「大阪レポート」の結果を比較検討します。そのことにより、20年の間に子育て現場はこんなにも大きく変わっていることを実感してもらいたいと思います。その上に立って、今ほんとうに必要な子育て支援とは何か、次世代育成のために何をしなければならないのか、について述べさせていただきたいと思います。
 
 なお、回答者の99%が母親であったため、子育て現場の実態としては、母親の現状という形で報告します。
 
参考文献
1)服部祥子、原田正文編著:『乳幼児の心身発達と環境 ― 「大阪レポート」と精神医学的視点 ―』 、名古屋大学出版会、名古屋、1991.
2)原田正文著:『育児不安を超えて ― 思春期に花ひらく子育て ―』 、朱鷺書房、大阪、1993.
3)原田正文著:『子育て支援とNPO ― 親を運転席に! 支援職は助手席に! ― 』(朱鷺書房、2002年)
 

.ますます増える乳幼児をまったく知らないまま親になる親たち

 人間にとって経験ほど大切なものはありません。人の思考や感情などは、自分自身の経験に支配される部分が非常に大きいものです。それは私が担当する精神科「小児・思春期」専門外来でも、私は強く実感しています。
 
 図1「あなたは自分の子どもが生まれるまでに、他の小さな子どもさんに食べさせたり、おむつをかえたりした経験はありましたか」という質問結果を比較して示しています。
 1980年の段階では、そのような育児経験が「まったくない」という親は39%前後であったが、2003年の調査では、56%と増加し、半数以上になっている。逆に「よくあった」という親は22%から16%へと減少しています。
 
図1 あなたはご自分の子どもが生まれるまでに、他の小さい子どもさんにたべさせたり、おむつをかえたりした経験はありましたか
 
 現代日本における子育ての困難さは、「親が乳幼児を知らない」ことにある、と私はボランティア活動などを通して強く感じてきました。ここに示した調査結果はまさにそれを実証するものです。
 
 「大阪レポート」の場合、比較するデータが無かったため、その結果としてでてきた数値が、果たして多いのか少ないのか判断できない部分がありました。しかし今回は、同じ質問を23年後におこなっているため、比較してみることが可能です。そのため、この23年間の変化の方向やその大きさがわかり、かなり明確な結論が得られます。
 例えば、図1の質問結果からは、「自分の子どもを生むまでに、小さな子どもの世話をまったくしたことがない母親がかなり増加している」と結論づけられます。この傾向は「大阪レポート」の時点でも予測されていたものであるため、その傾向がさらに強まったという方が実態に則していると思います。今回の「兵庫レポート」は先行研究としての「大阪レポート」が存在するため、一層価値があると考えています。
 

.進行する子育て家庭の孤立化

 すべての人にとって「孤立」は最大の精神的ストレスです。特にまったく乳幼児を知らないまま親になった母親にとって、子育てについて日常的に話し合える子育て仲間の有無は、精神的安定にきわめて大きな影響があります。そして、親の精神的安定は、子どもとのかかわり方にきわめて大きな影響を持つものであり、子どもの心身の発達に及ぼす影響も大きいと考えられます。
 
 図2「近所にふだん世間話をしたり、赤ちゃんの話をしたりする人はいますか」という質問結果を示しています。まず気づくことは、1980年の「大阪レポート」と比較した場合、乳児期の親の孤立化が極端に進んでいることです。
 4カ月児健診での結果を比較すると、「1〜2名」もいない全く孤立している母親が16%から35%へと2倍以上に増加し、3人に1人の親が孤立しています
 
図2 近所にふだん世間話をしたり、赤ちゃんの話をしたりする人はいますか
 

. 子育てにおける母親の心の動き

 子育てにおける母親の心の動きについていくつかの質問をしています。それらの結果を以下にに紹介します。
 
(1) 多くの母親たちは精神的には健康である
 
 「赤ちゃん(お子さん)をかわいいと思いますか」という質問では、児の月齢と共に率は減少するが、97〜99%の母親が「はい」と応えています。また、「赤ちゃん(お子さん)と一緒にいると楽しいですか」いう質問でも、児の月齢と共に率は減少するが、87〜95%の母親が「はい」と応えています。このように母親たちは子どもに対するプラスの感情をしっかりと持って子育てをしていることがわかります。これらの結果は大多数の母親が精神的に健康である、ということを示すものです。
 
(2) 大きい「子育ての負担感」
 
 一方、「子育てをたいへんと感じますか」という質問では、図3に示すとおり、60%前後の母親が「はい」と応えており、子育ての負担感が大きいことを示しています。子育ての負担感は、4カ月健診よりも他の健診時点で増加しているのが特徴です。子どもの自我がめばえてくるにつれ「子どもを知らない」という現代の親たちの戸惑いが増え、また子育てしにくい日本社会の現実が子育ての負担感を増大させているものと考えられます。
 
図3 子育てをたいへんと感じますか(2003年 兵庫)
 
(3) 子育て不安は大きく増加している
 
 「育児のことで今まで心配なことがありましたか」という質問結果を図4に示します。児の月齢での変化はほとんどないが、「大阪レポート」と比較すると、「しょっちゅう」心配だったと訴える母親が、6〜7%から16%前後へと大きく増加していることがわかります。逆に、「あまり」心配ではなかったという母親は、34〜40%から22〜25%へと減少しています。
 
図4 育児のことで、今まで心配なことがありましたか
 
(4) 児の月齢ともにつのる「イライラ感」
 
 子どもに対するプラスの感情をしっかりともっているにもかかわらず、多くの母親が「子育ての負担感」を訴えていることがわかった。図5に「育児でいらいらすることは多いですか」という質問結果を示します。今回の調査では、「いらいら感」が児の月齢とともに急増することがわかります。特に3歳児では、「大阪レポート」では「はい」が16.5%に対し、46.3%と3倍にも増加しています。この「イライラ感」の急増は、児童虐待と深く関係しているものと思われます。
 
図5 育児でいらいらすることは多いですか
 

・まとめ

 ここまでは、「大阪レポート」と今回の「兵庫レポート」のいくつかのデータを概観しました。まとめますと、
 
  1. 自分の子どもを生むまでに、小さい子どもとの接触経験がまったくないままに母親になる人が急増している
     
  2. 子育てについて話ができる相手がまったくいない母親は急増しており、子育て家庭の孤立化がますます深刻になっている
     
  3. 「子どもと一緒にいると楽しい」「あかちゃん(子ども)は、かわいい」とほとんどの母親は答えるが、一方で「子育てでの負担感」や「イライラ感」、育児不安と訴える母親が急増している
 
 このように、ほんの20数年の間にも子育て真っ最中の母親の状況は大きく変化しています。その変化の方向は残念ながら、「大阪レポート」で警鐘を発したにもかかわらず、さらに悪い方向に向かっているのです。
 
 私は子育て支援ボランティア活動をしながら、「今なぜ子育て支援が必要なのか」という最も根本のところで、支援者側が納得できていない、と強く感じてきました。この調査結果は、今なぜ子育て支援が必要なのか、親育てプログラムが必要なのか、を如実に表しています。
 

 np-japan@nifty.com