資料室
◇今緊急に求められる親育てプログラムの実践…原田正文 2003/11
   【T】ほんの20年の間に、子育て現場はこんなにも大きく変化している!
   【U】今なぜ、親育てプログラムが必要なのか?
   (T&U 印刷用PDF)
◇今緊急に求められる親育てプログラムの実践
大阪人間科学大学社会福祉学科(精神科医)
こころの子育てインターねっと関西 事務局長 /NP-Japan代表
原田正文

【U】今なぜ、親育てプログラムが必要なのか?

 ─ 子育て支援ボランティア活動と子育て実態調査から ─

1.「乳幼児を知らないまま、親になってしまう」という事態

 「親になるまでに、小さい子どもを触れたことがない」という、育ちの中で、親になるための準備がほとんどできていないこと、当然の結果として「親が子どもを知らない」という実態に焦点を当てて、今何をすることが求められているのか、について考えたいと思います。子どもを生んで親になったからといって、親の役割がすぐに果たせる訳ではありません。【T】でご紹介した調査結果は、親を親として育てるための支援の必要性を示しているとも言えるものです。
 
 私が事務局長をつとめています親と専門職でつくる子育て支援のボランティア団体『こころの子育てインターねっと関西』は、活動をはじめて9年目になりますが、2002年の4月、カナダの子育て中の親支援プログラム「Nobody’s Perfect」を日本でも展開するためのプロジェクトを立ち上げて、取り組みをはじめています。ここで、みなさんにお伝えしたいことの結論を先に言いますと、欧米先進諸国ではすでに20年以上も前から広汎に実施されている「親育てプログラム」を、日本でも開発し、実践することが求められているのではないか、ということです。
 

2.乳幼児期の親子関係クリニック??

 2001年の夏前に、東京のあるテレビ局のディレクターの方から、「“こんな乳幼児期の子育てが、少年犯罪を犯す子どもを育てる”というようなデータはありませんか」という問い合わせ電話がありました。あまりにも短絡的な発想に、私はびっくりしました。もし、そんなデータがテレビで放映されたりすると、ただでさえ育児不安の高い現代の親たちをさらに追いつめるのではないか、と心配になりました。
 そのディレクター氏は、「東京では、乳幼児期の親子関係のクリニックが今注目されています。先生はされていませんか?」とおっしゃいます。そのときは、「乳幼児期の親子関係のクリニック」と言っても、何をどうするんだろう? 子育てなんて、日常の営みなんだから、「専門職がクリニックとして」と言われても切りがないのになぁ、というのが私の印象でした。そのため、そのディレクター氏の依頼は素っ気なく、断りました。
 一年後にそのディレクター氏とたまたま出会いましたが、意外なことに、すごくまじめそうな若い、たぶん結婚前の女性でした。もしかしたら、真剣に「乳幼児期の親子関係のクリニックが欲しい」と思っておられたのではないでしょうか。
 
 彼女が言っていたところかどうか、知りませんが、偶然そのような取り組みを20数年来続けているという、小平記念会・日立家庭教育研究所のみなさんと一緒に2001年の夏に講座をもつ機会がありました。
 

3.能面のような赤ちゃんの登場

 小平記念会は、企業の社会還元事業の一環として、1978年に設立された家庭支援施設で、親子教室(0〜3歳)をもう20数年続けているとのこと。親子教室というと、早期知育教育などをすぐ連想しますが、小平記念会の2つの教室は、臨床心理士と保育士が中心になって運営している「親子関係づくり」のクリニックのようなイメージです。20数年の実践に裏付けられた考え方は、『21世紀の親子支援 ― 保育者へのメッセージ ― 』(中野由美子・土谷みち子編著、ブレーン出版、1999年)に紹介されています。この本を読み、また講座で話を聞かせていただき、ずいぶん勉強になりました。中でも、「預かり型支援」から「親子関係づくり型支援」へ、という提案は、現代の子育て現場に密着した実践からの提案であり、そういうところまで来てしまっているのだ、と私は改めて現代日本の子育て現場の深刻さを実感した思いでした。
 
 なぜ「親子関係づくり型支援」なのか、というと、ここ5・6年、親に抱かれたことがないために抱くとそっくり返る赤ちゃんの話や能面のような表情のない赤ちゃん、眉間にシワを寄せた赤ちゃんが加速度的に増えてきたとのこと。私たちも、まだ話ができない赤ちゃんにどう話しかけたらいいのかわからない、という親の訴えを最近よく聞くようになっています。聞いていますと、話しかけても返事が返って来ないと、シカトされたような気分になるようです。そして、“赤ちゃんが、私を無視している”と、赤ちゃんと2人きりでいると緊張して怖い、と訴えるのです。
 

4.極めて具体的な親へのメッセージ ─ 米国の親育てプログラム「ECFE」─

 私は2002年の夏、米国ミネソタ州ミネアポリスに長期滞在して、米国の子育て支援や学校、精神障害者対策などについて、実際にかかわっている人たちの話を聞いたり、行政にインタビューをしたりして来ました。子育て支援関係では『Washburn Child Guidance Center』というNPO団体を訪問し、話を聞きました。また、州政府の「子育て支援課」の中にあるECFE(Early Childhood Family Education)の職員で、実際に地域で実践している人にも話を聞きました。
 
 今回、私が最も印象に残ったものは、小平記念会がしているような「親子関係づくり型支援」のプログラムが、0〜3歳の子どもの親子を対象に地域でたくさんされていることです。
 そして、何よりも、その基本理念が「子育ては、いつも楽しい訳ではない」「四六時中子どもといると、イライラするのは当たり前だ」「時には、夫婦二人だけの時間をつくらないといけない」「誰も完璧な親はいない」というものです。
 
 それでも、子育ては価値ある経験であり、苦労するだけの値打ちがあることを伝え、親が“親としての自信”がもてるように教えようとしています。それも極めて具体的に、赤ちゃんの抱き方から声のかけ方、水遊びのさせ方、物の置き方・遊ばせ方、などなど、イラスト入りのテキストなども用意されています。「いつも目にとまるところ、例えば冷蔵庫の扉に貼っておいてください」という助言の書かれた小さな短冊型のものもあります。
 
 ところで、ミネソタ州のECFEは、10年近くの実践研究の評価により「乳幼児期に1ドル惜しむと、あとで7ドルの付けが廻ってくる」という結果が出たとのこと。その結果を受けて、1984年に州議会で「ECFEの実施」が決議され、実践されているものだそうです。詳しくは以下のホームページをご覧ください。
 ・Minnesota Department of Education
 ・University of Minnesota
 

5.「Nobody’s Perfect」プログラムを日本に広めたい!

 そんなことに感心して帰国したところ、『完璧な親なんていない! ― カナダ生まれの子育てテキスト ― 』(三沢直子監修、ひとなる書房)という本が届いていました。まさに、ミネソタで見聞きしてきたものと共通の理念で書かれたものでした。そこで、さっそく明治大学の三沢直子教授と連絡をとり、いろいろと相談し、連携して「Nobody’s Perfect」を日本で展開していくことになりました。そして最初に書きましたように、ボランティア団体『こころの子育てインターねっと関西』の中にプロジェクト・チーム(NPプロジェクト)を2003年4月に立ち上げ、取り組みを進めてきました。
 
 2003年9月にはカナダより、カナダ保健省公認のスーパー・トレーナー、バーバラ・オローク氏を招き、「Nobody’s Perfect」のファシリテーター養成講座を開催し、私も含めて13名のカナダ保健省公認のファシリテーターが『こころの子育てインターねっと関西』の中に誕生しました。そのあたりのことは、「Nobody’s Perfect Japan」設立の経緯をご覧ください。
 
 私たちは今、Nobody’s Perfectプログラムのファシリテーター認定機関として、NP−Japanを設立する準備を進めるとともに、「Nobody’s Perfect」プログラムを関西各地で実践しはじめています。「Nobody’s Perfect」を真に日本に合うプログラムに改良するとともに、全国展開していくための準備を進めています。


 np-japan@nifty.com